朝ログ -asalog-
朝5時起き社労士が綴るライフログとしての記録帖
Links
  • 全国社会保険労務士会連合会
  • 大阪府社会保険労務士会
  • 日本行政書士会連合会
  • 大阪府行政書士会
  • 厚生労働省
  • News
  • 社労士 行政書士
  • Profile
    Search
    New Entries
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Archives
    RSS ATOM
    mobile
    qrcode
    『即戦力は3年もたない』より

    BM:110109
     『即戦力は3年もたない‐組織を強くする採用と人事』樋口弘和(著)角川oneテーマ21 より


    実際、転職活動経験者の九〇%近くが、「前職に対する不安や不満を持っている」というデータがあります。< - 中略 - >しかし、そういう考えを発端として別の会社に転職したとしても、移った先の会社でも当然同じ壁は存在します。
    <p26>

    私の場合、自分の過去の実績を高く評価する人は、疑うようにしています。
    <p28>

    アメリカのエグゼクティブ候補は、「今週四〇時間でどれだけの付加価値を生み出せたか」「今日の八時間はどれだけの投資効果があったか」というように時間当たりの生産性で評価されます。
    <p83>

    このように、中小企業の場合、幹部レベルがその会社で能力を最大限発揮できるかどうかは、経験よりも働くうえで価値観や理念をしっかり共有できているかどうかに左右されます。
    <p96>

    「会社は社長の器以上に大きくならない」というのは、「会社は社長以上の人材を採用できない」という点から見ても事実なのです。
    <p98>

    私自身、転職を繰り返している人のなかで本当に優秀な人材には出会ったことがありません。
    <p102>

    とくに、自分の腕一本でのし上がってきた経営者ほど、勉強のできる人、きらびやかなキャリアを持つ人に弱いものです。
    <p107>

    面接官としての「見抜き力」の低い人は、部下をしっかりと見ていないことが多いのです。部下を理解しようという気持ちが少なく、人を育成できないタイプの人が多いのです。
    <p110>

    「聞くこと」こそが面接の基本です。
    <p112>

    面接で私は、本当に優秀な人材かどうかを判断するポイントとして、とくに三つの資質を見極めることに注力しています。
    その三点とは、「性格の素直さ」「思考のやわらかさ」「情熱(ハート)」です。
    <p116>

    個人的な損得を超えて組織への貢献を自然に楽しめる人はやはりリーダーとなるのにふさわしいといえます。
    <p123>

    人事の専門分野でいえば、社会保険労務士や中小企業診断士といった資格がありますが、その場合も資格を取って事業を始めるとしても、ほとんどが個人経営レベルにとどまり、収益を上げ、ビジネスを大きく発展させるケースはかなり稀と言えます。弁護士や公認会計士といった「最強の国家資格」にしてもそういう状態です。
    <p169>

    年収四○○万円を超えていくためのカギは、「ヒューマン・スキル」と「コンセプチュアル・スキル」にあります。< - 中略 - >もうひとつの「コンセプチュアル・スキル」とは、噛み砕いていうと、答えのない課題の解決方法を探して実行していく力を意味します。
    <p177,178>

    さらに少し言えば、顧客の立場に立って顧客を満足させようとする行為こそが仕事と言えるでしょう。
    <p181>

    高い目標を持つことによって、「現在」が問題だらけに見えると、そこでその人の心の奥底にある改善欲求に火がつくのです。
    <p192>

    今後、もし仮に労働基準法が改正され、従業員の解雇が現在よりも自由にできるようになったとしたら、何とか賃金レベルが保たれている他の企業でも、収益への貢献度に伴った賃金配分へと見直しがなされることは必至です。そうなれば現在の給与レベルが一気に崩れることになるだろう、と私は見ています。
    <p196>

    posted by: 綿 | ブックメモ | 11:01 | comments(3) | trackbacks(0) |-
    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2011/01/09 8:37 PM |
    学生の就職活動サポートをしている立場としては、
    p.110〜116あたりの内容がすごく気になるので、
    一度読んでみたいと思いました。
    | ubiquitous_music | 2011/01/09 10:36 PM |
    ubiquitous_music さん

    コメントありがとうございます。
    私も採用面接に関わる仕事もしていますので、
    実情としてこの本を参考にさせてもらいました。

    また機会がありましたら、
    学生さんの就職活動のサポートについて、
    お話をうかがえるとうれしいです。
    | 綿 | 2011/01/09 11:07 PM |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.masaki-office.com/trackback/812793
    トラックバック