朝ログ -asalog-
朝5時起き社労士が綴るライフログとしての記録帖
Links
  • 全国社会保険労務士会連合会
  • 大阪府社会保険労務士会
  • 日本行政書士会連合会
  • 大阪府行政書士会
  • 厚生労働省
  • News
  • 社労士 行政書士
  • Profile
    Search
    New Entries
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Archives
    RSS ATOM
    mobile
    qrcode
    『自分の仕事をつくる』より

    BM:110109
    『自分の仕事をつくる』西村佳哲(働き方研究家)(著)晶文社より

    指し示す言葉の厚みは、その事象に対する感受性の厚みを表している。
    <p26>
    以前、あるピアノ奏者に「音楽家にとって、もっとも重要な能力とは何か?」という質問をしたところ、迷わず「聴く能力です」という答えが返ってきた。< - 中略 - >イメージと現実のギャップが感じられるからこそ悩めるし、成長することも出来るが、もし「自分は十分にいい音が出せている」と感じたら、そこがその人の音楽の上限となる。
    <p30>
    つくり手の観察力が低ければ、なんでもすぐに完成する。「できた」と思えるからだ。が、逆にそれが高いとなかなか完成に到達しない。
    <p31>
    現代の建設技術をもってしてもピラミッドを造ることは出来ないと聞いたことがあるが、私たちが受ける深い感動は、そこに投じられた人の仕事の厚みにあると僕は思う。
    <p47>
    この本の冒頭にも書いたとおり、私たちは毎日、誰かがデザインしたものに囲まれて暮らしている。別の言い方をすれば、生きてゆくということは、いろんな人の"仕事ぶり"に二四時間・三六五日接しつづけることだとも言える。
    <p56>
    手にとった瞬間、モノを通じて自分が大事にされていることが感じられるデザイン。こうした仕事は、いまや希少だ。
    <p57>
    優れた技術者は、技術そのものでなく、その先にかならず人間あるいは世界の有り様を見据えている。
    <p72>
    デザインしなければならないのは、モノそのものではなく、それを通じて得られる経験だ。
    <p74>
    表面的に目につく問題点は、より根本的な問題が引き起こしている現象のひとつにすぎないことが多い。
    <p80 ボイル氏の言葉より>
    働き方を訪ねてまわっているうちに、その過程で出会った働き手たちが、例外なくある一点で共通していることに気づいた。
    彼らはどんな仕事でも、必ず「自分の仕事」にしていた。
    <p142>
    自分が感じた、言葉にできない魅力や違和感について「これはいったい何だろう?」と掘り下げる。きっかけはあくまで、個人的な気づきに過ぎない。
    だが、そこを掘って掘って、掘り下げてゆくと、深いところでほかの多くの人々の無意識と繋がる層に達する。
    <p147>
    「パンは手段であって
    気持ちよさをとどけたいんです」
    <p162 甲田幹夫氏の言葉より>
    "< - 前略 -  >美にかかわる職業の中でも羨ましく思うのは、ダンサーと俳優だ。彼らは人々の心に記憶として刻みつけられるもの以外、何一つ残さないから"
    <P178 ヨーガン・レール氏の言葉より>
    ネイティブ・インディアンの成人の儀式(ビジョン・クエスト)の一つに、"自分の場所を探す"というものがると聞いたことがある。
    < - 中略 -  >
    この夜、子供が見つけ出すのはたぶん単なる場所ではなく、"どういう場所を自分は心地よく感じ、安心できるのか"という、価値観のゼロ地点だろう。
    <195>
    個人を掘り下げることで、ある種の普遍性に到達すること。自分の底の方の壁を抜けて、他の人にも価値のある何かを伝えることは、表現に関わる人すべての課題だ。
    <p201>
    たとえば、パーテーションの高さを少し変えるだけでも、ワーカー間のコミュニケーションは大きく変わる。大部屋型のオフィスは、個室型に比べると暗黙知(明文化しなくとも共有される組織内の価値観や文化)が共有されやすい。
    <p231>
    空間は人に働きかけ、人は空間に規定される。
    <p238>
    たとえば、お客を降ろす時に車を停める場所や、ちょっとした車体の揺れに対する気遣いを重ねることで、いつの間にか一年間のスケジュールが予約で埋まるようになったタクシー・ドライバーの話。
    <p250>
    posted by: 綿 | ブックメモ | 23:12 | comments(0) | trackbacks(0) |-
    『即戦力は3年もたない』より

    BM:110109
     『即戦力は3年もたない‐組織を強くする採用と人事』樋口弘和(著)角川oneテーマ21 より


    実際、転職活動経験者の九〇%近くが、「前職に対する不安や不満を持っている」というデータがあります。< - 中略 - >しかし、そういう考えを発端として別の会社に転職したとしても、移った先の会社でも当然同じ壁は存在します。
    <p26>

    私の場合、自分の過去の実績を高く評価する人は、疑うようにしています。
    <p28>

    アメリカのエグゼクティブ候補は、「今週四〇時間でどれだけの付加価値を生み出せたか」「今日の八時間はどれだけの投資効果があったか」というように時間当たりの生産性で評価されます。
    <p83>

    このように、中小企業の場合、幹部レベルがその会社で能力を最大限発揮できるかどうかは、経験よりも働くうえで価値観や理念をしっかり共有できているかどうかに左右されます。
    <p96>

    「会社は社長の器以上に大きくならない」というのは、「会社は社長以上の人材を採用できない」という点から見ても事実なのです。
    <p98>

    私自身、転職を繰り返している人のなかで本当に優秀な人材には出会ったことがありません。
    <p102>

    とくに、自分の腕一本でのし上がってきた経営者ほど、勉強のできる人、きらびやかなキャリアを持つ人に弱いものです。
    <p107>

    面接官としての「見抜き力」の低い人は、部下をしっかりと見ていないことが多いのです。部下を理解しようという気持ちが少なく、人を育成できないタイプの人が多いのです。
    <p110>

    「聞くこと」こそが面接の基本です。
    <p112>

    面接で私は、本当に優秀な人材かどうかを判断するポイントとして、とくに三つの資質を見極めることに注力しています。
    その三点とは、「性格の素直さ」「思考のやわらかさ」「情熱(ハート)」です。
    <p116>

    個人的な損得を超えて組織への貢献を自然に楽しめる人はやはりリーダーとなるのにふさわしいといえます。
    <p123>

    人事の専門分野でいえば、社会保険労務士や中小企業診断士といった資格がありますが、その場合も資格を取って事業を始めるとしても、ほとんどが個人経営レベルにとどまり、収益を上げ、ビジネスを大きく発展させるケースはかなり稀と言えます。弁護士や公認会計士といった「最強の国家資格」にしてもそういう状態です。
    <p169>

    年収四○○万円を超えていくためのカギは、「ヒューマン・スキル」と「コンセプチュアル・スキル」にあります。< - 中略 - >もうひとつの「コンセプチュアル・スキル」とは、噛み砕いていうと、答えのない課題の解決方法を探して実行していく力を意味します。
    <p177,178>

    さらに少し言えば、顧客の立場に立って顧客を満足させようとする行為こそが仕事と言えるでしょう。
    <p181>

    高い目標を持つことによって、「現在」が問題だらけに見えると、そこでその人の心の奥底にある改善欲求に火がつくのです。
    <p192>

    今後、もし仮に労働基準法が改正され、従業員の解雇が現在よりも自由にできるようになったとしたら、何とか賃金レベルが保たれている他の企業でも、収益への貢献度に伴った賃金配分へと見直しがなされることは必至です。そうなれば現在の給与レベルが一気に崩れることになるだろう、と私は見ています。
    <p196>

    posted by: 綿 | ブックメモ | 11:01 | comments(3) | trackbacks(0) |-
    『食堂かたつむり』より
    BM:110108
    ポプラ文庫 『食堂かたつむり』 小川糸 より

    家財道具も調理器具も財産も、持っていたものはすべて失くした。けれど、私にはこの体が残っている。
    <p34,35>

    たとえ衣服を剥され素っ裸にされたとしても、私は料理を作ることならできる。
    <p35>

    私は洗い立ての手のひらで、それらの食材にそおっと触れた。そして、生まれたばかりのちいさな命を慈しむように、ひとつひとつ、両手で持ち上げては顔の近くまで抱き寄せて、目を閉じたまま数秒間、食材達と言葉を交わす。
    <p80>

    今までは自分がすべて料理を作っているような気持ちになっていたけれど、私は、単に素材と素材を組み合わせているに過ぎないのだ。
    <p111>

    友人を、悲しませたくない。
    <p152>

    料理を作る、ただそれだけで、私の中の一個一個の細胞が恍惚とした。
    <p157>

    「< - 前略 - >オレはママにどんなにお礼したって、全然足りねーんだー」
    <p171>

    「うまかった。ありがとう」
    <p194>



    友人に薦められて『食堂かたつむり』を読んだ。
    ひさしぶりに感情を揺さぶられた。
    おもしろかった。

    posted by: 綿 | ブックメモ | 15:32 | comments(0) | trackbacks(0) |-
    "運はいろんな形をして現われる"

    BM:110103
    新潮文庫 『老人と海』 ヘミングウェイ より

    自分のやっていることだけ考えていろ。つまらぬことを考えるんじゃない。
    <p51>
    頭をはっきりさせておかなければだめだ。しゃんとして、人間らしく苦痛を受けいれろ。
    <p105>
    老人は残っている最後の力をしぼりだし、遠く去った昔の誇りを喚びもどそうとする。
    <p106,107>
    冗談じゃない、いまは持ってこなかったもののことなんか考えているときじゃない。
    <p127>
    かれは両手を開いたり閉じたりすることによって、わずかに生きている苦痛を感じることができた。
    <p133,134>

    運はいろんな形をして現われる。
    <p135>

    posted by: 綿 | ブックメモ | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) |-
    "後から検索"
     BM:100509
    「メールの超プロが教える Gmail仕事術」樺沢紫苑(著)サンマーク出版より
    最も優れたメール件名は、件名を見ただけでメール内容が理解できるものです。
    <p53>
    Becky! 詳細ページ (有)RimArts http://www.rimarts.co.jp/
    <p127>
    「後から検索するかもしれない」、頭の隅にそういう考えを置いてメールを書くと、Gmailの検索力をさらに強力に引き出すことができるのです。
    <p153>
    Gmail上にデータをストレージしておけば、データに関するほとんどのトラブルは回避可能となります。
    <p162>
    保存したいサイトを見つけた場合、ブラウザの[印刷]をクリックして、PDFファイルとして印刷します。そうすると、サイトをPDFファイルの形式で、画像やテキストを見たままの状態で保存することができます。
    <p187>
    Gmail Backup http://www.gmail-backup.com/
    <p208>
    メモ:「お仕事タイマー」or「Job Stop Watch」
    <p233>

    メモ:名刺
    つまり、お礼のメールを出して、返信メールをいただくということで、Gmailの受信トレイに、お会いした相手の個人情報が残るのです。
    <p241>
    リマインダーメーラー http://www.remindermailer.com/
    <p257>
    最後に、最も重要な仕事術を1つお伝えします。それは、「楽しく仕事をする人は成功する」ということです。
    <p280>
    posted by: 綿 | ブックメモ | 18:52 | comments(0) | trackbacks(0) |-
    "幸せに貢献"
    BM:100505
    「ちっちゃいけど、世界一誇りにしたい会社」坂本光司(著)ダイヤモンド社より
    会社は、人の幸せに貢献するためにある
    <p1、プロローグ>
    posted by: 綿 | ブックメモ | 11:07 | comments(0) | trackbacks(0) |-
    "人を立てる"
    「松浦弥太郎の仕事術」松浦弥太郎(著)朝日新聞出版より
    BM:100320
    「人を立てる」を、よりリアルに追求していくと、一緒に仕事をする相手に利益があるかどうかを考えることに行き着きます。
    <p67>
    Stay hungry, Stay foolish.(ハングリーであれ。かしこくなるな)
    <p39、アップルのスティーブ・ジョブズ氏がスタンフォード大学の卒業式で行ったスピーチより>
    一つ、きちんとした挨拶を行うこと。<中略>
    一つ、身だしなみが清潔であること。<中略>
    一つ、笑顔を忘れないこと。<中略>
    一つ、運気を味方にすること。
    <p176〜178>

    BM:100504
    リルケという詩人がいます。彼がこのような意味の言葉を残しています。「生きるということは悩み続けることである。悩み続けることが生きている証拠であり、しあわせでもある。決してしてはならないのは、その答えを求めてはいけないことである」
    <p5>
    仕事とは「自分」を役立てること
    <p12>
    自分がかかわるすべての人に敬意を表すための、清潔感ある身だしなみ。これが基本としてあれば、たいていの場面にふさわしい服装もわかってきます。
    <p27>
    相手を喜ばせる。
    <p35>
    だから僕は、何があろうと睡眠時間は削りません。
    <p44>
    「何があっても、仕事であなたの生活を犠牲にしないでください」
    <p51>
    その人の後ろの「五十人」を意識する
    <p66>
    「運がいい人と悪い人」という表現がありますが、突然、運がめぐってきたそのとき、ぱっとつかめるか否かは、日頃から準備をしているかどうかで決まるのではないでしょうか。
    <p126,127>
    情報のストックなど実は不可能であり、アウトプットを考えずに取り入れた情報は、結局、死蔵するだけになると思うのです。
    <p149>
    posted by: 綿 | ブックメモ | 10:17 | comments(0) | trackbacks(0) |-
    "歯切れの悪さ"
    BM:100410
    「「超」WORK HACKS!」小山龍介(著)アスコムより
    歯切れの悪さに魅力のある人
    <p62>
    質問ではなく
    確認のコミュニケーションをする
    <p78>
    80%くらいの精度で答えを仮に設定して進めると、迷うことなくどんどん行動に移すことができるのです。
    <p96>
    「<前略>その日本人の五時から八時のパワーで一日中働くのがイタリア人です。だから凝縮された時間の中でとてもいい仕事をします」
    <p121、「フェラーリと鉄瓶」奥山清行(著)よりの引用>
    「歴史を知るということは、思い出すということだ」
    <p202、「文学の雑感―講義・質疑応答」(小林秀雄講演CD)よりの引用>
    posted by: 綿 | ブックメモ | 11:47 | comments(0) | trackbacks(0) |-
    "記録"
    BM:100429
    「大事なことは すべて記録しなさい」鹿田尚樹(著)ダイヤモンド社より
    「忘れる」を防ぐために、私は講演CDなどを購入してiPodなどで常に聞くようにしています。<中略>するとどういうことが起きるかというと、講師の口調と自分の話し方がだんだんと似てくることがあるのです。
    <p94,95>
    参考:
    ・「オーディオブック FeBe:-フィービーでは、書籍の音声版をダウンロードすることができます(無料のサンプルもございます)」
    http://www.febe.jp/
    ・「オーディオブック,講演会の音声,音声学習,オーディオセミナーの音学.com」
    http://www.otogaku.com/
    良い情報は、人を通じて入ってくることがほとんどです。
    <p97>
    ブログで自分専用の「読書データベース」を作る
    <p112>
    目次のコピーを持ち歩くというのは、記憶にも思索にも効果大の方法です。
    <p117>
    ビジュアルでモチベーションを上げる「漫画ノート」
    <p119>
    チェックシートを使って、仕事を記録化する
    <p138>
    書かないと、ぼんやりとした不安でしかないものも、書き出すことにって不安な気持ちから開放され、解決策の糸口が見えてくるようになります。
    <p163>
    4行日記は「事実・発見・教訓・宣言」で構成される日記です。
    <p165>
    posted by: 綿 | ブックメモ | 00:50 | comments(0) | trackbacks(0) |-
    "経営者意識"
    BM:100429
    「成功の法則92ヶ条」三木谷浩史(著)幻冬舎より
    1日の仕事の始めに、今日の行動目標をきちんと整理しよう。
    <p214>
    社員全員が経営者意識を持つ。
    <p215>
    posted by: 綿 | ブックメモ | 14:13 | comments(0) | trackbacks(0) |-